三ツ知が海外比率4割へ

更新日:2011年 9月17日 (土)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 自動車向けファスナー(留め金具)を手掛ける三ツ知(本社名古屋市守山区、村瀬修社長)は、海外営業を強化する。新興国戦略はタイ現地法人から東南アジアへの輸出拡大を主軸に置く。一方、北米や中国でも現地生産を拡大するなどして、需要の増加に対応する。海外売上高比率を3年後をめどに、現在の2割から4割程度に引き上げる方針だ。

 
 
 

2011年 9月17日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2011年9月 > 17日 > 三ツ知が海外比率4割へ...