マルヨシ商会が地震発生時脱出用の子扉付きドア販売へ

更新日:2011年 9月16日 (金)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 環境関連機器の開発を手がけるマルヨシ商会(本社名古屋市中区丸の内3の16の34・ウィズワイビル7階、赤石忠良社長、電話052・950・7021)は、新たに防災事業に乗り出す。震災発生時にドア枠などがゆがむことがあっても脱出することができるよう、子扉を付けたドア「2DOOR(ツー・ドア)」を取り扱う。当面、新築・リニューアルマンション向けに月50台が販売目標。同時に既存のエコ事業との2本柱体制の構築を目指していく。

 
 
 

2011年 9月16日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2011年9月 > 16日 > マルヨシ商会が地震発生時脱出用...