環境思考がカーボン・オフセット事業を本格展開

更新日:2011年 9月14日 (水)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 環境関連のコンサルタント、環境思考(本社四日市市安島1の3の18、大川光司社長、電話059・337・8377)は、カーボン・オフセット事業を本格展開する。古紙・アルミ缶のリサイクルステーションに設置しているタッチパネル方式のポイントシステムに、カーボン・オフセットが可能なメニューをこのほど導入した。現在、三重・大台町と岩手県の森林事業に寄付するオフセット・クレジット(J―VER)が利用できる。同社は「一般消費者とリサイクル事業者との間でカーボン・オフセットができる画期的なシステム」としており、7月から県内外の事業者で試行している。今後は全国展開に向け、県単位で協賛事業者を拡大していく方針。

 
 
 

2011年 9月14日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2011年9月 > 14日 > 環境思考がカーボン・オフセット...