エコノ小町=リンナイが女性目線で製品企画

更新日:2011年 9月 5日 (月)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 「当社の商品は、実際には女性が使う場面が多い。デザイン、使いやすさ、機能性…。女性の目線からの企画やPRが求められます」。そう話す松林景子さんは、ガス機器メーカー、リンナイの営業本部営業企画部商品企画室担当。営業マンや、女性による商品PR部隊「ライフクリエーター」と接触し、実際の利用者の意見を収集する。商品企画に反映させるためだ。加えて、リンナイの新商品のPRポイントや使い方などを、営業マンやライフクリエーターに講師として説明することも。今日も忙しく全国の拠点を飛び回る。

 
 
 

2011年 9月 5日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2011年9月 > 5日 > エコノ小町=リンナイが女性目線...