愛知県内の地銀各行が住宅ローン販売体制を強化

更新日:2011年 9月 5日 (月)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 愛知県内の地銀各行が住宅ローンの販売体制を強化している。名古屋銀行はデベロッパーなどとの交渉窓口となる住宅ローンアドバイザー(LA)を来年3月末までに8人増員し40人体制にするほか、愛知銀行も2013年3月末までにLAを10人増員し、40人体制とする。中京銀行は昨年末までにローンプラザを6カ所に倍増し、巻き返しを図る。景気の低迷で事業性融資が伸び悩む中、金融機関は個人向けローンに力を入れている。金利優遇幅を拡大する動きも広がっており、競争が過熱している。

 
 
 

2011年 9月 5日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2011年9月 > 5日 > 愛知県内の地銀各行が住宅ローン...