中部電力 火力発電所定期点検の人員確保に懸命

更新日:2011年 9月 2日 (金)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 中部電力が、火力発電所の定期点検に必要な人員の確保に頭を悩ましている。浜岡原発(静岡県御前崎市)の停止により、火力発電の焚き増しを実施。夏場の電力需要ピークを乗り切るため、定期点検の短縮・分割や、先のばしなどの対策をとっている。だが、もともと電力需要の少ない春秋は定期点検が集中しており、今秋はさらに集中する状況になる。他電力会社も事情は同じで、最大の課題は技術者など人員の確保。浜岡原発が確実に止まっている来年1年間の定期点検スケジュールのやりくりも課題だ。

 
 
 

2011年 9月 2日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2011年9月 > 2日 > 中部電力 火力発電所定期点検の...