スーパー、外食各社 福島汚染牛流通で対応急ぐ

更新日:2011年 7月20日 (水)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 福島県から放射線セシウムを含んだ疑いのある牛肉が流通した問題で、中部の小売り、外食各社が対応に追われている。福島第一原発事故の発生以降、頻発する食品の風評被害が「さらに広がるのでは」(スーパー関係者)と懸念する声も。特に食品スーパーでは近年、店舗外の加工拠点で加工した精肉を、一斉に各店舗に出荷するケースが増えており、影響が広範囲に広がるリスクも否定できない。

 
 
 

2011年 7月20日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2011年7月 > 20日 > スーパー、外食各社 福島汚染牛...