津田工業が冷間鍛造で変速機部品開発

更新日:2011年 7月 4日 (月)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 津田工業はこのほど、冷間鍛造の特長を生かした変速機部品「CVT(無段変速機)シャフト」を開発した。縦型、横型の大型冷間鍛造プレス機を組み合わせた独自工法により、大幅に歩留まりを向上。熱間鍛造の従来品に比べ、材料費を4割程度削減できるほか、1製品あたりに要する製造時間(リードタイム)も短縮できる。今後、需要増が見込まれる小型車への採用をねらい、営業攻勢をかける。

 
 

2011年 7月 4日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2011年7月 > 4日 > 津田工業が冷間鍛造で変速機部品...