自動車、工作機械メーカーが超円高で輸出の採算懸念

更新日:2011年 3月18日 (金)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 戦後最高値を更新した、1ドル=76円台という「超円高」は、輸出依存度の高い中部経済にとって大きな打撃となる。短期的に業績の下ぶれ要因となるほか、中長期的には中部の工場を海外に移す国内空洞化リスクがいっそう高まるからだ。東日本大震災からの復旧を全力で進める中部企業は、超円高対応という大きな課題を突きつけられた。

 
 
 

2011年 3月18日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2011年3月 > 18日 > 自動車、工作機械メーカーが超円...