計画停電影響が拡大 中部・小売り各社も動く

更新日:2011年 3月18日 (金)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 東日本大震災で一部店舗の営業を停止していた中部の小売り各社が、再開に向けて動き始めた。震災直後は、浸水や什(じゅう)器の転倒など物的被害が目立ったが、17日時点で6割以上の店舗が営業を再開した企業も。ただ、専門店の多くは商業施設に入居しており「施設が営業を再開できない」(地元専門店)ケースが目立つ。計画停電に伴う営業時間の短縮や燃料不足による出入荷遅れも続き、正常化には時間がかかりそうだ。

 
 
 

2011年 3月18日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2011年3月 > 18日 > 計画停電影響が拡大 中部・小売...