中京スポーツ施設が桧皮クレイ入りグラウンド舗装材開発

更新日:2010年 12月16日 (木)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 グラウンドなどスポーツ施設の建設を手がける中京スポーツ施設(本社尾張旭市狩宿新町2の27、川岸信一社長、電話0561・53・1111)は、ヒノキの樹皮(桧皮)のもつ抗菌・殺菌・殺虫作用に着目し、桧皮繊維土壌改良材「桧皮クレイ」を開発、販売を始めた。この商品をグラウンド用土に混ぜて舗装することにより、抗菌作用のほか、水はけの改善、雑草の成長抑制などの効果があるとしている。

 
 
 

2010年 12月16日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2010年12月 > 16日 > 中京スポーツ施設が桧皮クレイ入...