シグマー技研が現場改善に注力 トヨタ方式で高収益体質へ

更新日:2010年 10月28日 (木)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 減速機、シュレッダ製品メーカーのシグマー技研(本社三重県員弁郡東員町世古泉1611、林正人社長、電話0594・76・7611)は、生産現場の改善に力を入れている。従来は独自に改善活動に着手していたが、昨年10月からトヨタ方式の生産管理を基本とするコンサルタント会社の指導を受けながら、高収益体質への変革を進めている。27日には外部から研修生を受け入れ、現場改善についての工場見学や改善提案会を開催した。

 
 

2010年 10月28日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2010年10月 > 28日 > シグマー技研が現場改善に注力 ...