コムラインが職人の握りとタッチパネルを自由選択できる回転ずし店

更新日:2010年 9月15日 (水)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 回転ずしなど外食店を多店舗展開する、コムライン(本社知立市宝3の14の7、新美文二社長、電話0566・82・5213)は顧客の目の前で職人がすしを握るオープンキッチン方式と顧客がタッチパネルで自由に商品を選択する方式を組み合わせた「ハイブリッド型」と呼ばれる店舗運営手法を導入する。顧客の利便性を高めるのが狙い。こうした運営は東海地区では珍しい。17日に岡崎市で全面オープンする主力業態の新店を皮切りに、今冬には西尾市の新店にも導入する予定だ。

 
 

2010年 9月15日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2010年9月 > 15日 > コムラインが職人の握りとタッチ...