カロッツェリア・カワイが最先端デザインと伝統産業技術の融合で高付加価値製品開発

更新日:2010年 9月11日 (土)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 プロダクトデザインを手掛ける カロッツェリア・カワイ(本社多治見市新町1の23・多治見市産業文化センター2階、川合辰弥社長、電話0572・87・0984)は、最先端デザインと伝統産業の技術を連携した、高付加価値製品の開発に取り組んでいる。このほど、美濃焼と関の刃物の技術を組み合わせ、刃に絵が描かれたセラミックスナイフ「美濃刃」を企画。TYKと、その子会社の水野セラミックスが製造、販売することになった。

 
 

2010年 9月11日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2010年9月 > 11日 > カロッツェリア・カワイが最先端...