豊田自動織機が樹脂製パノラマルーフの量産

更新日:2010年 9月 7日 (火)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 豊田自動織機は、国内で初めて樹脂製パノラマルーフの量産を始める。2011年にも森岡事業所(愛知県東浦町)で生産する計画。パノラマルーフは欧州で樹脂製が一部採用されているが、国内ではすべてガラス製が使われている。重量をガラスより44%低減し、燃費向上や二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与する。今後、自動車部品の軽量化ニーズの高まりを背景にガラスから樹脂への置き換えが進むとみて、受注拡大を目指す。 

 
 

2010年 9月 7日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2010年9月 > 7日 > 豊田自動織機が樹脂製パノラマル...