タイヨーエレックが瀬戸工場で能力増強

更新日:2010年 7月27日 (火)

 タイヨーエレック(佐藤英理子社長)は、パチンコ機とパチスロ機の生産能力を拡大する。パチスロ機製造を小牧工場(小牧市)から瀬戸市に新設した工場に移転して、8月に従前の3倍に当たる1日当たり最大1500台の生産体制を構築。パチンコ機は、今3月期中に本社工場(名古屋市西区)から瀬戸工場に移転し、現行約2倍の日産最大5千台の生産能力に引き上げる。佐藤社長は「中期的な目標である年20万台の販売、売上高は前期実績比約2倍の500億に向け事業基盤を強化したい」と話している。

 
 

2010年 7月27日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2010年7月 > 27日 > タイヨーエレックが瀬戸工場で能...