中部電力が燃料安定調達へ世界最大のLNG船知多に入港

更新日:2010年 7月14日 (水)

 中部電力は燃料の安定調達を加速する。世界最大の液化天然ガス(LNG)船が13日、日本で初めて知多LNGターミナル(知多市)に入港した。今回の積載量は9万トン。知多火力発電所など中部電力3カ所の火力発電燃料に使用される。同社が燃料インフラ整備の3点セットと位置付ける、知多地区LNG基地の桟橋増強が完成したことで大型船受け入れが可能になった。残るプロジェクト着実に進めていく考えだ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2010年 7月14日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2010年7月 > 14日 > 中部電力が燃料安定調達へ世界最...