新東工業がショットピーニング用投射材で世界最高水準硬度を達成

更新日:2010年 7月 6日 (火)

 新東工業は表面処理技術のひとつ、ショットピーニング用投射材のうち直径0・3ミリ以上のタイプで、世界最高水準の硬度(Hv930)を達成した「高硬度カットワイヤ投射材」(特許4386152)開発、販売を始めた。世界の自動車・同部品業界が環境に優しい製品づくりを進めるなか、高硬度による省エネ化、軽量化をアピールすることで投射材分野の競争優位性をもう一段高める。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2010年 7月 6日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2010年7月 > 6日 > 新東工業がショットピーニング用...