正直屋が地元取引先の強み組み合わせた独自商品

更新日:2010年 7月 2日 (金)

 菓子・食品卸の正直屋(本社名古屋市緑区大高町下塩田15、宮田大司社長)は、地元の取引先メーカーの強みを組み合わせた新たな独自商品を企画し、消費喚起を狙う。学校給食で人気の大島食品工業(名古屋市守山区小幡南2の2の5)の「ミルメーク」(牛乳向け調味料)味のスナック菓子を企画し、製造はスナック菓子メーカーの松山製菓(名古屋市西区上名古屋1の2の12)に委託。9月にも発売する方針だ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2010年 7月 2日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2010年7月 > 2日 > 正直屋が地元取引先の強み組み合...