「DOCTORが薦める名医」名古屋徳洲会総合病院副院長 篠田憲幸先生

更新日:2010年 3月18日 (木)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 最近は後輩を育てるために自分で執刀する手術は少なくなったが、それでも大小を含めて毎日、手術をしているというのが名古屋徳洲会総合病院副院長の篠田憲幸先生。岐阜県恵那市岩村町で薬剤師の長男に生まれ、仲の良かった従兄が医学部へ入学したことに刺激されて医者を目指したという。また、父親が薬剤師として病院勤めをしていたことも理由の一つである。その父は、80歳になった現在も中津川の薬局で現役の薬剤師として活躍している。

 
 

2010年 3月18日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2010年3月 > 18日 > 「DOCTORが薦める名医」名...