加納製陶が省電力LEDユニット組み込んだ内装タイル開発

更新日:2010年 3月 9日 (火)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 タイルメーカーの加納製陶(多治見市笠原町1647の3、加納由喜社長、電話0572・43・3161)はこのほど、磁器製タイルに省電力LEDユニットを組み込んだ画期的な内装タイルを開発した。タイルの重厚感とLEDの照明能力により、高いデザイン性と機能性を両立、4種のタイルの組み合わせで自由なレイアウトが可能となっている。9日から東京で行われる「建築・建材展」で披露し、市場開拓を図る。

 
 

2010年 3月 9日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2010年3月 > 9日 > 加納製陶が省電力LEDユニット...