小林産業が次世代型LED照明管の代理店網構築へ

更新日:2010年 2月16日 (火)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 健康機器開発・製造の小林産業(本社名古屋市西区五才美町100の1、小林俊介社長、電話052・504・5001)は、次世代型LED照明管「LED TUBE」の普及促進を図るため、代理店網の構築に取り組む。すでに東京、大阪、京都などで代理店づくりを進めており、8月をめどに関東以西で約10社を確保。4万時間の長寿命設計となっているが、高額なため、蛍光灯の代替照明として環境対応に熱心な企業や行政機関へ提案していく計画で、月間2000本の販売を当面の目標としている。

 
 

2010年 2月16日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2010年2月 > 16日 > 小林産業が次世代型LED照明管...