09年国内の10大ニュース

更新日:2009年 12月30日 (水)

 高齢化、格差の拡大、未来への不安―。1年間で確実に進んだのは、この三つだった。
 登山ツアー中の中高年者9人が死亡した北海道トムラウシ山の遭難事故。十大ニュースの選にはもれたが、高齢化社会の実態を反映する出来事だった。
 元気な中高年を、社会全体の活性化にどう生かすか。それが今後の課題だろう。今年の中高年代表には「放浪記」主演2千回を達成した女優の森光子さん(89)、プロ野球楽天の野村克也前監督(74)を選びたい。
 不況と雇用不安に直撃されている働き盛りの世代や若い世代は、もっと深刻だ。
 節約ムード。外食から内食へ…。生活防衛に走る消費者に、売り手側は値下げラッシュで応えた。「ジーンズ690円」「牛丼280円」
 一見、うれしいニュースだが、単純に喜んでいいのだろうか。価格を安くするために働く人の給与が下げられ、ボーナスは激減、住宅ローンが払えない。そんな負の連鎖が伝えられている。
 その一方であきれるのは「鳩山首相兄弟に月々1500万円の『子ども手当』」の金銭感覚だ。定額給付金をもらうのは「さもしい」と言った前首相も金持ちのぼんぼんだったが、今やこの国では、親がかりでなければ成功できなくなってしまったのだろうか。政治家にも芸能人にも、2代目がやたらと目立つ。
 六十数年前、敗戦の焼け跡からスタートしたとき、ひもじさも貧しさも平等だった。だが、生まれたときから差がつけられ、自分の力だけではどうにもならないとしたら…。
 「第2の就職氷河期」に苦しむ若者たちが本気でそう感じ始めてしまったとき、未来はどこにも見えなくなる

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2009年 12月30日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2009年12月 > 30日 > 09年国内の10大ニュース...