伏見地下街協同組合がユニーク集客作戦

更新日:2009年 12月 8日 (火)

 「地下鉄を降りたらはじまる芸術」―。ピンク色の鮮やかなポスターが通路を彩る。毎年恒例の歳末セールに合わせ、伏見地下街協同組合(事務局=名古屋市中区錦2の13の24、小池建夫理事長、電話052・231・4409)が、集客に向けたユニークな取り組みを始めた。市内で開催中の「あいちトリエンナーレ2010」プレイベントに合わせ、実行委員会と協力。芸術を切り口に、地下街への関心を高めてもらうことで活性化への相乗効果を見込んでいる。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2009年 12月 8日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2009年12月 > 8日 > 伏見地下街協同組合がユニーク集...