ピースアンドキューズが天然成分除菌剤をシート化

更新日:2009年 12月 3日 (木)

 天然大豆アミノ酸が主成分の除菌・消臭剤「G2TAMαPLUS」の普及に取り組むピースアンドキューズ(本社名古屋市中区千代田3の6の15、増井吉晴社長、電話052・350・4423)は、これを不織布に含ませた「ウエットシート」を発売した。流行の広がりが心配される新型インフルエンザウイルスH1N1型に対しても、99・99%の不活化に成功。ハンディーな製品の投入により、水の使えないパソコンのキーボードの清掃や旅行用など、安全で効果の高い除菌・消臭剤の普及拡大に取り組んでいく。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2009年 12月 3日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2009年12月 > 3日 > ピースアンドキューズが天然成分...