デジタルコラボレーションズが生産技術データ統合管理する世界初のシステム開発

更新日:2009年 11月30日 (月)

 製造ICTシステムプロデューサーのデジタルコラボレーションズ(本社名古屋市中区新栄2の2の24あいちベンチャーハウス201号、石井創久社長、電話052・262・5126)は来春をめどに、設計、生産技術、品質保証、工場の生産各部門の技術情報を統合する管理システム「EM2」を開発する。これまで個別に行われている各生産部門の情報管理を、「品質」という共通の目標を機軸に一元管理するという世界初の試み。情報の共有化により、設計段階から製造までのトータルなコスト削減や、製品開発の期間短縮が可能になることから、海外とのコスト競争にさらされる日本のものづくり産業を支える強力なツールとなりそうだ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2009年 11月30日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2009年11月 > 30日 > デジタルコラボレーションズが生...