一時1ドル=84円82銭まで急騰、中部経済界の反応

更新日:2009年 11月28日 (土)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 27日の東京外国為替市場の円相場は、一時1ドル=84円82銭まで急騰し、1995年7月以来14年4カ月ぶりの円高水準になった。急騰する円高は、輸出主導型経済圏・中部経済の復活の足かせになりかねない。80円台前半の円高が定着するような事態になれば、モノづくり中部の国際競争力の低下、生産拠点の海外移転、空洞化―など産業基盤そのものを揺るがすことは必至だ。モノづくり中部にもう一段の構造改革を後押しする契機にもなりそう。中部経済界の反応を探った。

 
 

2009年 11月28日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2009年11月 > 28日 > 一時1ドル=84円82銭まで急...