飛騨産業が杉の圧縮材をフローリング用材に提案開始

更新日:2009年 11月26日 (木)

 木製家具製造の飛騨産業(本社高山市名田町1の82の1、岡田贊三社長、電話0577・32・1001)は、フローリング用材として、正目が美しく断熱性に優れた杉の圧縮材の提案を開始した。同社の得意とする加熱圧縮で、杉材の活用範囲を広げたもので、戸建て住宅や公共施設、旅館や飲食店などでの需要拡大をめざす。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2009年 11月26日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2009年11月 > 26日 > 飛騨産業が杉の圧縮材をフローリ...