東海の地銀9行中8行が今3月期最終黒字見通し

更新日:2009年 11月14日 (土)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 東海3県下に本店を置く、地方銀行の業績が最悪期を脱し回復局面に入りつつある。昨秋以降の金融危機で9行のうち5行が最終赤字だった2009年3月期から一転、今10年3月期は岐阜銀を除く8行が最終黒字になる見通しと発表。市況が安定的に推移しており保有有価証券の減損適用も限定的だからだ。ただ、不況の深刻化から不良債権処理費用増、利ざやの悪化などで利益水準は依然低迷し本格回復へ予断を許さない情勢が続きそうだ。

 
 
 

2009年 11月14日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2009年11月 > 14日 > 東海の地銀9行中8行が今3月期...