東海3県の14信金が最終赤字に転落

更新日:2009年 6月27日 (土)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 東海3県下に本店を構える27信用金庫の2009年3月期決算が26日、出そろった。27信金中、半数の14信金が最終赤字に転落した。豊橋信金を除いて他の12信金も大幅な減益。08年3月期の最終赤字は1信金だけだった。昨秋以降の世界同時不況やトヨタショックなどで、有価証券評価損失、不良債権処理費用などが重なったためだ。優良な信金が多い東海地方で、過半数の信金が赤字になるのは極めて異例だ。

 
 
 

2009年 6月27日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2009年6月 > 27日 > 東海3県の14信金が最終赤字に...