豊田油気が開閉に樹脂利用のバルブ拡販

更新日:2009年 6月25日 (木)

 空気圧・油圧機器の商社、豊田油気(本社豊田市寿町6の1、坂井田賢一社長、電話0565・27・2111)は、バルブの開閉に樹脂の膨張性を利用し、噴き出した空気が周囲に冷却効果をもたらす「ASCOTバルブ」の拡販に乗り出す。同製品は、温度の上昇による樹脂の膨張がスイッチ代わりとなり、電気を使わないことから、省エネの訴求効果を狙う。既存顧客の自動車産業で浸透を図りつつ、異業種にも販路を開拓する考え。

 
 

2009年 6月25日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2009年6月 > 25日 > 豊田油気が開閉に樹脂利用のバル...