シーズを探る=尾張繊維技術センター

更新日:2009年 6月24日 (水)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 織物の微細な表面の様子を、自動車シートに使用した場合の変形形状を織らずにコンピューターで予測。こんな技術が愛知県産業技術研究所尾張繊維技術センターで開発された。織物の変形でなく、糸が圧縮された場合の断面の形状を予測する手法も開発され、精度向上が図られている。開発に携わる太田幸一主任研究員は「衣料品の設計だけでなく、自動車内装用織物、医療・福祉向け織物の開発など、応用分野は幅広い」と話している。

 
 
 

2009年 6月24日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2009年6月 > 24日 > シーズを探る=尾張繊維技術セン...