アルナコーポがアルミ手すり改修需要へ照準

更新日:2009年 6月22日 (月)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 住宅リニューアルや福祉・環境関連製品のアルナコーポレーション(本社名古屋市緑区大根山2の503、丸山博司社長、電話052・623・8111)は、アルミ手すりユニットの改修需要への期待を高めている。築後年以上の老朽マンションなどが増加し、修理・補修の必要性が高まっているため。「ここ1、2年、大手建材メーカーが改修用製品を投入していることも市場の拡大につながる」(丸山社長)と判断。自ら施工販売を行うという同社の強みを生かして、差別化を図っていく方針。

 
 
 

2009年 6月22日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2009年6月 > 22日 > アルナコーポがアルミ手すり改修...