モールデックがトレーラーハウスで滞在型農園

更新日:2009年 6月19日 (金)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 プラスチック金型・製品の設計およびソフトウエア開発を手がける、モールデック(本社各務原市前渡西町927の1、奥村靖社長、電話058・386・8398)は、移動式ログトレーラーハウスを活用した、クラインガルテン(滞在型市民農園)事業をスタートする。トレーラーハウスは利用者が自分で組み立てる方式で低価格を実現、「ものづくりの楽しさも提供する」(奥村社長)狙い。専用サイトを立ち上げ、中山間地にある耕作放棄地や遊休地を有効活用したい土地オーナーと、農園に興味のある都市住民のマッチングを図っていく考えだ。

 
 

2009年 6月19日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2009年6月 > 19日 > モールデックがトレーラーハウス...