富士特殊紙業が食品包装用を水性インクに

更新日:2009年 6月12日 (金)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 富士特殊紙業(本社瀬戸市暁町3の143、杉山仁朗社長、電話0561・86・8511)は10年9月期末までに、食品包装用フィルムのグラビア印刷全量を、有機溶剤を使用する油性インクから人体に無害な水性インクに切り替える。現在の水性化率は50%台だが、揮発性有機化合物の排出が規制される改正大気汚染防止法への対応や、消費者・メーカー双方で安全・環境意識が高まる中で差別化を図る。現設備では80%が限界なため、需要開拓しながら設備投資も進める。

 
 
 

2009年 6月12日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2009年6月 > 12日 > 富士特殊紙業が食品包装用を水性...