回復基調の株価、中部経済界の実感探る

更新日:2009年 6月12日 (金)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 半年先の景気を織り込むといわれる、株価が上昇基調で推移している。11日は一時、日経平均株価が昨年10月以来、約8カ月ぶりに1万円の大台を回復。国内外の景気底入れや為替相場の円安・ドル高などが背景にある。中部経済界もトヨタ自動車をはじめ、当地の製造業の大幅な減産で「底が見えない」どん底からは一転、春先から回復に向けて歩み始めている。ただ、「国内景気はまだ外需頼み。実感を伴った回復まではいかない」(松下雋・日本ガイシ社長)との声も。中部経済界の足元の景気実感などを探った。

 
 
 

2009年 6月12日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2009年6月 > 12日 > 回復基調の株価、中部経済界の実...