イクスが購入補助背景に太陽光発電装置を拡販

更新日:2009年 6月10日 (水)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 電気設備業のイクス(本社岡崎市青木町9の6、大河原信夫社長、電話0564・22・7447)は、太陽光発電装置の拡販に乗り出した。政府の購入補助などを背景に、今後需要が伸びると判断。まずは環境意識の高い法人に向け、提案を強める。初年度は同装置で5千万円の売り上げを目指し、5年後には売上高構成比率で20%を占める製品に育てたい考え。

 
 

2009年 6月10日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2009年6月 > 10日 > イクスが購入補助背景に太陽光発...