スズキ、燃費重視でエンジン機種見直し

更新日:2009年 6月 2日 (火)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 スズキは自動車に搭載するエンジン機種の見直しを進めている。5月20日に一部改良して発売した小型乗用車「SX4」では排気量が最も大きい2000ccエンジンモデルを廃止し、小型乗用車「スイフト」では1500ccタイプの販売を中止した。消費者の環境志向が強まる中、低価格で燃費効率の高い低排気車の販売に重点を置く姿勢を鮮明にしている。

 
 
 

2009年 6月 2日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2009年6月 > 2日 > スズキ、燃費重視でエンジン機種...