ボディコートが熱処理事業で「社内外注」

更新日:2009年 4月 9日 (木)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 熱処理受託加工世界最大手、英国ボディコートの日本法人ボディコート・ジャパン(本社名古屋市西区、ジュリアン・ベイショア社長、電話052・912・5518)は、製造業などが抱える熱処理事業を取得した上で継続して受託加工にあたる「社内外注」の案件開拓に乗り出した。企業の合理化を支援する一方、外部の仕事も取り込み収益確保につなげる。展開形態を多様化し、国内事業を加速する狙いだ。

 
 

2009年 4月 9日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2009年4月 > 9日 > ボディコートが熱処理事業で「社...