日輪が有期契約社員負担軽減サービス

更新日:2009年 2月17日 (火)

 人材派遣大手の日輪(本社刈谷市昭和町二、中山伊知郎社長)は、新事業「有期契約社員負担軽減サービス」(期間工一括受託サービス)を立ち上げる。さらに期間工の送迎代行のため、バス会社・ナチュラル(本社碧南市洲先町)を買収し、登記と社名変更の手続きを進めている。派遣法改正の動向にかかわらず企業の直接雇用が増えると読み、従来のビジネスモデルを大幅に見直す。四月から本格スタートし、中小企業を主な顧客に当初千―二千人、三年後には一万人の受託を目指す。

 
 

2009年 2月17日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2009年2月 > 17日 > 日輪が有期契約社員負担軽減サー...