P・C・Gテクニカが雨水排水管の更生にも力

更新日:2008年 10月16日 (木)

 給排水管更生などを手がける、P・C・Gテクニカ(本社名古屋市天白区原一ノ一二〇四、藤井金蔵社長、電話052・804・0081)は、排水管ライニングを活用し、ルーフドレンからの雨水排水管の更生にも力を注ぐ。雨水排水管も、通常の生活排水管と同様、経年変化をきたすほか、ここ数年の豪雨発生によって雨水排水管への負荷も高い。大規模改修もコストなどの点から難しく、排水管ライニングの活用を呼びかけていく。

 
 

2008年 10月16日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2008年10月 > 16日 > P・C・Gテクニカが雨水排水管...