パレモが都市型店舗を拡大、出店比率倍増へ

更新日:2008年 10月 6日 (月)

 ユニーグループの婦人衣料チェーンのパレモは、店舗面積100平方メートル規模の都市型店舗の出店比率を拡大する。「郊外出店が主流だったが、課題はブランド力の強化。都市型店舗を増やすことで認知度を高める」(中本敏幸社長)方針。都市型店の比率は現在、全体の1割強に対し、売上高は2割弱を占めるなど、都市型店は収益増が見込める。今後は都市型店に注力して、中期的には都市型店の出店比率を倍増、2割程度まで引き上げたい考えだ。

 
 

2008年 10月 6日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2008年10月 > 6日 > パレモが都市型店舗を拡大、出店...