大清が管工機材関連機器の在庫管理システム導入

更新日:2008年 7月22日 (火)

 管工機材関連機器商社の大清(本社名古屋市東区白壁四ノ九五、大藪淳一社長、電話052・931・1506)は八月中旬、コンピューターによる在庫管理システムを導入する。システム稼働にあわせて不良在庫を整理し、倉庫内の品目を五千から三千五百まで減らす。経験と勘に頼っていた商品の出し入れを、客観的なデータに基づいて行うことで無駄な在庫をなくす。その分、ニーズの高いステンレス製品を拡充し、商品回転率を上げる考え。

 
 

2008年 7月22日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2008年7月 > 22日 > 大清が管工機材関連機器の在庫管...