トライエンジニアリングが海外向け拡販

更新日:2008年 6月24日 (火)

 自動車生産設備開発・製造のトライエンジニアリング(本社名古屋市守山区元郷二ノ一二〇一、岩井伸行社長、電話052・799・2331)は、自社開発した自動車のドア、ボンネット、トランク部分の折り曲げ加工装置「ロボットヘミングシステム(RHS)」を海外市場に向け拡販する。従来のプレス機に比べ、数値の入力で簡単・正確に外形面の品質調整が行える点や、省電力、静音で、環境にやさしい部分もアピールしていく。

 
 

2008年 6月24日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2008年6月 > 24日 > トライエンジニアリングが海外向...