茂木商事、バイオ燃料改質剤を販売

更新日:2007年 2月27日 (火)

雑貨輸出商社の茂木商事(本社名古屋市東区代官町二六ノ二〇、可児俊哲社長、電話052・935・5491)は、石油燃料の燃費向上を可能にするバイオ燃料改質剤「FB―5000」を販売する。ナノサイズの特殊酵素の働きでオイル分子の鎖状結合を切断し、分子をより細かくすることで、円滑な着火や燃焼効率を向上させる。排ガスの黒煙減少やCO2、NOXの低減、燃焼室内のクリーン化にも結びつく。国内販売に加え、米国や中国、欧州への輸出も目指す。

 
 

2007年 2月27日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2007年2月 > 27日 > 茂木商事、バイオ燃料改質剤を販...