水戸屋が自然薯販売を本格化

更新日:2007年 2月17日 (土)

カフェ、ギャラリー運営の水戸屋(本社恵那市長島町中野九〇〇、上田光則代表、電話0573・25・0588)は昨秋から、自社栽培の「自然薯」の販売に本格的に乗り出した。ネット通販や店頭販売などの直販のほか、業務用の一括卸販売も行い、好調に推移している。環境破壊などで天然自然薯の供給量が減少するなか、栽培により品質管理を徹底した自然薯を生産し、新たな食材発信拠点として事業展開していく考え。

 
 

2007年 2月17日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2007年2月 > 17日 > 水戸屋が自然薯販売を本格化...