中部の60人=ノリタケの赤羽昇社長

更新日:2007年 2月10日 (土)

世界最大のセラミック集団、森村グループの源流企業であるノリタケカンパニーリミテド。1904年の創業から103年、洋食器をベースに日本の陶磁器産業をリードしてきた。陶磁器の市場が縮小するなかで、現在は食器事業で培ったコア技術を活用した工業用砥(と)石や切削工具、焼成炉などの分野が拡大、新しい成長を見せている。「堅実経営者」として、社内外から厚い信望を集める赤羽昇社長に、中部地域の動向やセラミックスの将来性などについて聞いた。

 
 

2007年 2月10日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2007年2月 > 10日 > 中部の60人=ノリタケの赤羽昇...