豊田産業が香港に「食堂」出店

更新日:2007年 2月 6日 (火)

外食フランチャイジーの豊田産業(本社刈谷市、豊田憲保社長)は今春にも、香港で「まいどおおきに食堂」を出店する。同業態は、フジオフードシステム(本社大阪市)が全国に展開、豊田産業はエリアFCで展開しているものだが、業績が好調なことから海外でも挑戦する。熊本県養鶏農業協同組合やフジオ社などと共同で出資し、現地法人「日本食堂香港澳門特許経営有限公司」(香港)を設立する。資本金は五千万円から一億円になる見通し。社長には、ベンチャー・リンクの野口幹雄常務が就任する方向で調整している。

 
 

2007年 2月 6日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2007年2月 > 6日 > 豊田産業が香港に「食堂」出店...