パイオニア風力機がエア吸着マット拡販

更新日:2005年 11月24日 (木)

尾州織物の草分け的存在で染色整理加工の片岡毛織(本社津島市片岡町、片岡進社長)は二十四日、自主廃業する方針を固めた。大幅な受注減少に原油高騰が重なり、事業継続を断念。来年三月に廃業する見通し。また同日、同業の茶建興業(本社一宮市起、岩田邦克社長)が名古屋地裁に民事再生法を申請した。負債は約十億円。尾州の染色整理業界に淘汰の波が押し寄せている。

 
 

2005年 11月24日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2005年11月 > 24日 > パイオニア風力機がエア吸着マッ...