岐阜銀行が経営再建にめど

更新日:2005年 4月25日 (月)

公的資金注入を受け経営再建中の岐阜銀行(所裕頭取)が、「攻めの経営」に乗り出した。収益基盤の確立や身を切るリストラに加え、取引先企業の業績向上で不良債権の新規発生が減少。業績が安定し、普通株への復配も固めた。今期以降は名古屋市内外で法人顧客開拓の強化や個人向け住宅ローンの積極的な販売、さらに支店やエリアごとの採算性向上など「前向きの策」を相次いで実施していく考えだ。経営再建に一定のメドが立ったとし、今後は公的資金の返済を現実問題として検討していくことになる。

 
 

2005年 4月25日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2005年4月 > 25日 > 岐阜銀行が経営再建にめど...